探偵に浮気調査を依頼する場合の費用についてまとめ

探偵に浮気調査を依頼する場合の費用についてまとめ探偵の料金・費用

湯水のごとくお金が使える人であれば、探偵に掛かる費用について深く考える必要はないでしょう。

しかし、多くの人にとって掛かる調査費用は、重要な問題であると思います。

探偵の調査費用は、相談者が抱える問題や状況によって大きく変わります。

掛かる日数や、携わる探偵の人数によって金額が変わるためです。

その為、相場や適正価格を出すのが非常に難しい業種でもあります。

とはいえ、費用の発生方法を知る事で、おおよその金額を把握する事が可能です。

探偵に依頼する際の、費用の発生方法をまとめましたので参考にして下さい。

スポンサーリンク

探偵に浮気調査を依頼する場合の費用についてまとめ

調査費用の決まり方を知っていれば、浮気調査の金額がどのぐらいになるのかある程度判断する事が可能です。

そのためにはまず、調査費用がどのように決まるのかについてお話します。

調査費用の決め方は、大まかに分けて3つあります。

時間制

成果報酬制

定額制

順を追ってご説明いたします。

① 時間制について

探偵調査の時間制について

時間制とは、調査員の時給と考えると分かり易いと思います。

調査員が調査する際の、1時間単位の料金として加算されるタイプとなります。

色々な探偵会社のHPには、この時間制による値段が記載されている事が多いです。

もし何か比較対象が欲しいと言った場合は、時間単位の料金を比べるのも一つの方法です。

各探偵会社によって時間制の料金はバラバラですが、概ね一時間単位の料金相場は

5.000円~15.000円(調査員一人あたり)となっています。

注意していただきたいのは、時間制の場合は、

最低調査時間が設定されている事です。

最低3時間から調査を受け付けるなど、最低調査時間として決まりがあります。

探偵会社によって対応は様々なのでしっかり確認をしましょう。

(例)浮気調査を探偵に依頼した場合

調査員2名 
調査時給(10.000円)
調査時間(10時間) = 200.000円

上記の場合は、調査員の時給が10.000円×2で10時間稼働ですので、

20万円の費用が掛かる事になります。

上記金額にプラスして調査に掛かった雑費(調査に掛かった交通費など)がプラスされます。

雑費とは調査に掛かった費用の事です。

交通費、宿泊費、機材費、印刷費、車両費、高速代、燃料代、調査報告書作成費などです。

また基本的に調査員は、二人以上の人数で調査をします。

時給費用だけではなく、関わる調査員の人数もしっかり確認するようにしましょう。

時間制は短時間で証拠が掴める場合におすすめです。

例えば調査対象者の行動が把握できていて、

不貞の証拠を得られる日にちなど指定して依頼できる場合などです。

調査員の1時間単位の料金相場は
5.000円~15.000円
(調査員一人あたり)

② 成果報酬制について

探偵調査の成果報酬制について

成果報酬制とは、浮気調査の場合なら、浮気の証拠を得て初めて調査費用が発生するタイプです。

逆に言えば、浮気の証拠が手に入らなければ、費用は発生しないと言う事です。

ただし成果報酬制の場合は、着手金として初めにいくらか支払う必要があります。

そして着手金に関しては、調査の成否に関わらず支払いが発生する点に注意が必要です。

成果報酬と言う事で、何もなければ0円で調査が出来ると思われがちですが、

着手金といった形で費用が発生する点は、しっかりと認識しておきましょう。

成果報酬制は、探偵会社の中でも最も多く取り入れている料金体系です。

(例)成果報酬制で浮気調査をした場合

着手金で200.000円
成果報酬で300.000円の契約内容で依頼。

浮気の証拠が得られた場合
支払総額500.000円
※着手金200.000円+成果報酬300.000円

浮気の証拠が得られなかった場合
支払総額200.000円
※着手金200.000円のみ

上記金額にプラスして調査に掛かった雑費(調査に掛かった交通費など)がプラスされる場合があります。

ここまでが多くの探偵事務所で取り入れられている、成果報酬制の費用の内訳となります。

成果報酬制のプランについては、上記で紹介したパターン以外にもいくつか存在します。

完全成果報酬制

読んで字の如く、調査が成功した時のみ費用が発生するタイプです。

着手金はもちろん、雑費も成功した時のみ発生する料金タイプとなります。

着手金なしの成果報酬制

上記で説明した成果報酬制から、着手金をなくしたプランとなります。

調査が成功した時のみ、費用を支払う形となります。

費用を払わず済む方法があるのなら、活用しない手はないとお考えかと思いますが…

実はトラブルが多いのも、この成果報酬制のデメリットです。

成果報酬制で依頼をして、曖昧な認識のためトラブルになりやすい問題としては、

・成果報酬の金額以外にも高額な費用(雑費)が発生した。

・キャンセル時の着手金の有無。

・どの時点を成果として扱うのか。

上記の事例がよくトラブルとして問題になります。

特に成果地点については、トラブルが非常に多く注意が必要です。

例えば不倫調査を依頼していた場合、

調査対象者が、異性と二人で食事をしていた。
異性と二人で車に乗っていた。

成果地点をはっきりと決めていなかった場合、これらで成功とみなされるケースがあります。

依頼者側からすると、もっと踏み込んだ不貞の事実が証拠として欲しかったので、これだと詐欺だと思うかもしれませんが…

探偵会社としては、対象者が依頼者以外の異性と仲良く二人きりで歩いていた。

二人きりで車に乗っていたという証拠をしっかりと押さえ、

得られた情報を正しく依頼者に提供したという大義名分があります。

こういった成果の認識違いでの問題は非常に多いです。

こうならないためにも、具体的に成果地点を決めておく必要があるのです。

証拠として、異性とラブホテルの出入りを複数回撮影できた時点で、成果発生とするなど、

探偵社と何度も相談し、きちんとした契約を結ぶように心がけておきましょう。

成果報酬制はトラブルが多く注意が必要!
成果地点など、依頼する探偵社にしっかり確認をし、きちんとした契約を結ぶように!

③定額制について

探偵調査の定額制について

定額制とは、調査費用が定額制となっており、

いくつかあるプランの中から、ご自身にあったプランを選択する形となります。

定額制より、パック料金やプランなどと記載している事もあります。

探偵の時給や雑費、成果報酬など全て込み込みの金額提示となります。

ですので基本的には、プランに記載されている金額以上の費用は発生しません。

定額制の料金について(例)

① 10時間 : 150.000円
(調査期間1週間~3週間程 )

② 20時間 : 280.000円
(調査期間1週間~1ヶ月程)

③ 40時間 : 500.000円
(調査期間1週間~3ヶ月程)

上記①の場合は、1週間~3週間程かけ、上限調査時間10時間の費用150.000円で調査を行う形となります。

定額制のメリットとしては、上限金額が決まっているので費用の計算がしやすい点が挙げられます。

複雑な調査依頼や、人探し、確定的ではないが不貞行為を行っているのでとりあえず調べてみたいといった、

調査に時間が掛かる場合の依頼に対しては、おすすめとされています。

デメリットとしては、調査途中のキャンセルやプランの変更が出来ない点。

また調査については、事前に依頼者から情報を伺い、証拠が掴みやすい日に絞って調査を行う方向で調整されています。

そのため、突発的な調査の対応には応じてくれない場合があります。

例えば調査対象者に急な出張が入り、尾行調査を行って欲しい場合でも、

柔軟な対応が取れないことがあります。

調査対象者が毎週金曜日に帰りが遅いなど、調査して欲しい時間や曜日などがはっきりしている場合などは、

依頼した定額制の時間よりずっと少ない時間で、証拠や情報を得られる可能性があり、

その場合は、定額制よりも時間制でお願いしたほうが割安となる場合があります。

また調査内容によっては、定額制内の時間で証拠や情報が得られない場合もあり、

その場合は、延長料金といった形で再度費用が発生します。

トラブルを回避するためにも、どのような状況で延長料金が発生するのか、

延長時の連絡など細かいところまでしっかりと確認しておきましょう。

調査費用が決められているので、高額な費用や追加料金の心配がない!
抱えている問題によっては、割高になってしまう事も!
 

浮気調査プランのメリット・デメリット

浮気調査プランのメリット・デメリット
メリットデメリット
時間制料金が分かりやすい調査期間が長くなると割高になる
成果報酬制調査結果によって支払える成果地点についてトラブルが多い
定額制費用を計算しやすい調査が短期間で終わると割高になる

損をしない浮気調査プランの選択方法

損をしない浮気調査プランの選択方法

浮気調査や不倫調査の費用は少しでも安く抑えたいですよね。

調査費用を抑えて、探偵業者に依頼する方法を紹介します。

複数の探偵業者から見積もりを行う

調査費用を安く抑えたいのであれば、1社だけではなく、

必ず複数の探偵業者に見積もりを依頼しましょう。

時間が掛かるし、同じような手続きや話しをしなければいけなかったりと、

手間がかかる部分はありますが…

探偵費用を安く抑えたいのであれば!

また無用なトラブルを回避したいのであれば!

必ず複数の探偵業者から見積もりを取って下さい。

複数の探偵業者から見積もりを取る事で、あなたが抱える問題に対しての、

調査費用の相場・平均費用が分かるようになります。

探偵会社によっての対応力や金額、また調査員との相性など、

自分にとって最もベストな探偵業者に依頼をするとよいでしょう。

以下にお住まいの地域のおすすめ探偵社を紹介しておりますので、参考にして下さい。

調査後の未来を明確に持っておく

調査後の未来を明確にもっておくことも重要です。

例えば不倫調査の場合であれば、

パートナーとの離婚を考えているのか。

不倫関係を止めて欲しいのか。

真実が知りたいだけなのか。

どうなりたいかで、探偵に掴んで欲しい証拠も変わってきます。

離婚を考えているのであれば、不貞の確かな証拠が複数回必要です。

明確にビジョンを持つことで、調査員に具体的な依頼が行えます。

無駄な調査費用を省くためにも、浮気調査の目的と必要な証拠を明確にした上で依頼を行いましょう。

探偵会社を選ぶ際に注意する項目や、知ってるだけでトラブル防止に繋がる選別基準を、

信頼できる探偵事務所を見極める方法に詳しく解説しておりますので、是非ご覧下さい。

都道府県から探偵・興信所を探す

都道府県別に浮気調査・不倫調査に特化したおすすめの探偵業者の検索が可能です。

お住いのエリアを選択して下さい。

▽ お住いのエリアを選択